オススメ!審査甘めの優良消費者金融の公式サイトはコチラ

甘い審査の本当の意味を知っておかないといけません

↓全国対応!審査が通り易くておすすめ!優良な消費者金融の公式サイトはこちら↓ ヤミ金じゃない消費者金融他社で断られてしまった人でもOK!審査が甘くて優しい金融へ行く!


甘い審査の消費者金融なんて、ぜったいにあり得ない。そう思っているブラックは多いはずです。

その理由としては、甘い審査であったら誰でも借りることができてしまいますし、そもそも何度バックレても、永遠に借りられてしまうことになるからです。

確かに、そうったイメージを拭うことはできない、少し誤解を生む言葉です。とはいえ、それは甘い審査という意味をはき違えているだけで、本当の甘い審査に関して、もう一度考え直すべきです。では、本当の意味での審査とはなんでしょうか?

●ただの申し込みだけでは審査とは言えない

例えば、会社訪問などをしたことがある人は多いでしょう。どんなにブラックでロクな仕事に就けなかった人でも、面接をしたり、バイトをしたりする時に先に連絡を入れて、事務所や会議室などに入っていったはずです。

その時、無言でズカズカと入っていけたでしょうか?普通に考えて、不可能ですよね。まず、どこのだれだか、どんな用事で訪れたのかを言うのが例説というか、基本です。仮に、誰でも中に入ってくることができたら、誰だってコンビニのレジや事務所を勝手にあさることができて、さらには持ち出し放題になってしまいます。

そんな時、基本的には身分証明をする資料であったり、訪れた目的を言う必要性があります。

しかし、これは申込であって、別に審査ではありません。例えば、アルバイトを申込む時に電話をして、名前と年齢、住まいを聞いたあと、数分後に審査結果が…とは言われません。会社名を名乗って、担当者名を伝えた後、審査終了して…ともなりません。

まずは、わかりましたとか、今受け付けていないなど、そういった判断となるのです。そのため、消費者金融などで申込をすること自体は審査の対象ではなく、ただの第一段階と言えるわけです。ここも審査に入っている、と思っている人が多いのでおかしな誤解が生まれるのです。

●審査は申し込みの後の話

実際の審査は、どういったものなのか、というとこういった申込をした後に何をどうしたいのか、という話を聞いて精査される工程を言います。

つまり、バイトの面接であれば、今までの経歴であったり、週にどれだけアルバイトに入ることができるのか、さらにはいくら稼ぎたいか…。こういった部分などを加味して、店長がこの人間を雇うか雇わないかを定めるわけです。

この店長がいろいろなことを天秤にかけて悩む作業が、審査なのです。仮に、甘い審査ということはどういうことなのか、例を出しましょう。

例えば、あなたがとあるアルバイト先に申込んだとして、特に面接なども無く「明日から来てください。よろしくです」となって雇用されたのであれば、審査無しです。申込時点の情報で特に細かな部分を精査されず、雇用に至る過程こそが、審査です。しかし、ここで疑問が湧いてきます。

●申し込みこそ審査なのでは?

申し込みをして、それから誰もがお金を融資されるのであれば、口座番号だけは自分で、後は知らない人物を記載したら即日融資されるのでは?と、思うでしょう。確かに、申込すれば融資されるのであれば、そう考えてしまうのであれば、普通でしょう。

しかし、今話題となっている甘い審査の消費者金融は、レベルがワンランク上です。申込の時点で、ある程度の情報は入っているので、嘘か否かがわかるようになっています。審査を省くために、申込情報の時点である程度は精査できる、そういったシステムを構築することができているわけです。

しかし、それこそ審査ではないのか?と、思われるでしょう。しかし、これは審査ではないのです。

アルバイト先の店長だったとして、急に「島崎ゴンザレス鉄砲持西郷どん」という住所の人が来たとき、何ら疑いもせずに雇用するでしょうか?しませんよね。それと一緒で、甘い審査の消費者金融は申込んだ時点で、ある程度のことがわかるようになっています。

そこで、別に普通の人だった、ということが理解できれば、信頼しているので融資を行うわけです。働いていることが大切である、というのはここで、申込の時点で就業状況がわかれば、わざわざ審査したり、在籍確認もする必要は無いのです。

●純粋に返済能力があるか?

甘い審査でお金を貸してくれる、ブラック懇意の消費者金融ですが、求めるのは返済能力だけです。あと、嘘などが無ければ特にブラックだからとか、傷害事件を起こしているとか、そういった部分は関係ありません。

ただブラックで踏み倒しまくっていれば、名は知れていますし、そういった方は申込落ちすることがあります。ブラックといっても、貸主に迷惑ばかりをかけてトンズラするような人には、貸せません。

要するに、トンズラできるのは返済能力が無いからです。まともな人間であれば、返済する部分を無視する人は、申込する資格すらなく、ブラックというよりは確信犯です。普通に人生を生き抜いてきて、ちゃんと前を向いて歩いている人であれば、必ず甘い審査の消費者金融はお金を貸してくれます。ぜひ、参考にしてみてください。

ヤミ金じゃない消費者金融

優良な消費者金融の公式サイトへ行く

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした
PAGE TOP ↑