オススメ!審査甘めの優良消費者金融の公式サイトはコチラ

悪質系ユーチューバーと闇金の関係性

↓全国対応!審査が通り易くておすすめ!優良な消費者金融の公式サイトはこちら↓ ヤミ金じゃない消費者金融他社で断られてしまった人でもOK!審査が甘くて優しい金融へ行く!

ユーチューバーが好きな方はいるでしょうか?

管理人は嫌いとか好きとか、そういったことで見ていません。

「芸能人は好きですか?」といわれているようなもので、好きな配信者もいれば嫌いな配信者もいるからです。

ただ、ユーチューバーの問題は素人であり気持ち悪く、再生数というものだけでお金儲けができる…というところです。

さて、近頃のコロナ禍において、また色々なユーチューバーが出てきているようです。そんなユーチューバーが問題を起こし話題となりまして記憶に新しいですが、これは金融の問題にも通じます。

一体、どういった共通点があるのかお伝えしましょう。

悪質なユーチューバー

ニュースをよく見ている方は知っていると思いますが、へずまりゅうというアホが逮捕された事件がありました。

他のユーチューバーに嫌がらせをしたり、犯罪スレスレのことをして再生数を稼ぐというこそくな手段を使っているユーチューバーです。

さらにコイツが問題だったのがコロナであったくせに、いろいろな人に出会って山口県でクラスターを作ってしまったことです。まさに世の害悪。

山口県の知事から名指しして怒られているくらいですから、人としてゴミクズ以下ということが露呈したわけですね。

さて、こいつは本当に低レベルなので詳しいことは伝えませんが、なぜこういったユーチューバーが減らないのでしょうか。

ファンという問題

悪いことをしている人に、「お前は人でなしである!」と社会的に制裁を加えたとしましょう。

これが一般的な会社員であれば会社にいられなくなりますし、ほかの会社にも入れない可能性があります。

あと残っているのは犯罪チックな職業くらいなものです。

さて、今回の迷惑系ユーチューバーの問題ですが、復活したら生きていける…という状況にあるところなのです。

例えば、前述したへずまりゅうと呼ばれるゴミ男ですが、8回以上YouTubeのアカウントが止まっています。

さらに、広告も止まってしまうはずなのですが別のアドレスなどでスタートしたら結果意味はありません。本人かどうかなんて追えませんからね…。

さらにこんなヤツは死んでしまえばいい!と、言ってぷんすかしてもファンがなぜかついているので再生数が上がってしまうわけです。

ユーチューバーが儲かるというシステムを無くすべき

何が言いたいのかというと、ユーチューバーにはファンがいるということです。そして儲かるのです。

例えば、どんなにふざけた動画をあげていてレベルが低いことをしていたとしても、ファンがいるとお金が稼げてしまいます。

例えば、アカウントを永久凍結されたとしましょう。

広告も欲しいが足りない、活動ができないからクラウドファンディングで金を集める。

とりあえず、最低1年間は活動したいから200万円を寄付してほしい…というと、集まってしまうわけです。

さらに驚くべきことに、へずまりゅうのことを好きな人がいたり、格好いい…自分もそういった人になりたい…ということで、迷惑系のユーチューバーに憧れてしまっているのです。

こんなことがあっていいのでしょうか…。

日本の教育はこれからどうなってしまうのでしょうか。

しかし、どんなに我々が怒っても意味がありません。

結果、そういった人たちがいるのですからね。

闇金も一緒

さて、冒頭で迷惑なユーチューバーと金融が抱える問題があると伝えました。ここで言う金融とは、闇金なのです。

ユーチューバーと闇金…。

まぁ、わざと闇金を利用しようとしているユーチューバーもいますが、そういったことではありません。

問題は、闇金のような違法性の高い取引をしようとしている人たちがいながらも、それを利用してしまう人たちがいる…という問題なのです。

つまり、ユーチューバーのようにどれだけダメだと世間でいわれていても、結果的に利用してしまう人がいるのですから止められようが無いのです。

例えば、どれだけあくどい金利で取引をしていたとしても、10人でも利用者がいたらかなりその闇金は儲かってしまいます。

そして、闇金が100社あったとして10人の利用車がいた場合は1000人の利用者となります。

単純計算として一人10万円の利息をふっかけていたとしたら、1億円の稼ぎとなります。

1社10人を騙せたとしても…ですよ。

それを怒りに震えて社会が抹殺しようとしても、結果的に使う人がいたらもう誰も文句をいうことができないのです。

まあ金貸しは詐欺ではありませんからね…。詐欺の場合は罪が重いので社会的抹殺をすべきですが、金融はやはり実際にお金に困った人がいるからこそ、成り立っている訳なのです。必要悪という部分でしょうか。

ユーチューバーも簡単な話です。

100万人のファンが10円ずつを寄付したら、1000万円です。

どうでしょうか。1ミリも面白くない犯罪動画、お笑い動画をあげていてもそれだけファンがいたら一流企業レベルの年収となってしまうわけです…。

人間として真面目な感覚を養う

しかし、こういったあくどい稼ぎ方をしているような低レベルな人たちは、長持ちしないことは目に見えています。

問題は、中高年になったときにいつまでやっているのか…という話ですね。

もはやYouTubeも廃止される可能性がありますし、貸金なども法改正で苦しい時代になるかもしれません。

そこに憧れ、なりたい職業ナンバーワンになるなど言語道断。

しっかりと自らのリテラシーを高めることをしていくことこそが、私たちが人としてまともであり続けるコツと考えられます。

ユーチューバーも闇金も絶対にダメ。

大切なのは、あなたたちの冷静な判断…。そして人を思いやる気持ち。人間として真面目な感覚を養う。それだけなのです。

ヤミ金じゃない消費者金融

優良な消費者金融の公式サイトへ行く

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑