オススメ!審査甘めの優良消費者金融の公式サイトはコチラ

おぼちゃんを応援したい!個人融資優良サイトで応援しよう!

↓全国対応!審査が通り易くておすすめ!優良な消費者金融の公式サイトはこちら↓ ヤミ金じゃない消費者金融他社で断られてしまった人でもOK!審査が甘くて優しい金融へ行く!

突然ですが、おぼちゃんを覚えていますか?

そう、STAP騒動「小保方晴子」さん。

不思議なことですが、この言葉を発するだけで笑みがこぼれる人が数多くいるようです。

“ま、ま、まさかのおぼちゃん!?”

という感じで、人生を賭けた彼女の大博打の失敗を未だに笑いものにしているのでしょう。

もちろん管理人もあの新聞を読み笑ってしまったり、ネットのコラ画像などを見て笑ったこともあるので何とも言えない気持ちになります。つまり私もマスコミに煽られた側の人間かもしれません。

しかし、思います。週刊誌はクズですね。

偏見報道で民意を煽り、人様の人生をぶち壊してお金儲けをする…。週刊誌だけではなく、テレビなども同じです。必ず呪われるでしょう。

正直言うと私は未だに小保方さんは一切悪いとは思いません。彼女一人の責任でもないですし、自殺した教授もいますが理化学研究所全体の問題でもありますし日本社会の問題なのです。

そんな小保方晴子を応援したい。それが絶対融資の個人融資優良サイトです。当サイトは彼女を守りたいと思います!

菓子店で働いているらしい

さて、この記事が出る頃には話題も去っていると思いますが、以前とある週刊誌の記事にて小保方晴子さんが取り上げられていました。

また、新しい研究に手を出したのか?そして、STAP細胞が見つかったのか!?

など、驚きを隠せなかった人間は一部いるでしょう。

しかし、冷静になって記事をチェックしてみると、どうやら小保方晴子が菓子店でアルバイトをしていました…という記事なのです。

そこにはしっかりと写真も添えられており、菓子店らしい白い帽子をかぶった小保方晴子の姿が…。

電話対応をしているらしく、マスクをとってメモをしながらその用件をチェックしているようでした。

完全に盗撮ですし、彼女は公人ではなく一般人でしょう。

何を週刊誌はしているのでしょうか…。

結局マスゴミはおぼちゃんで金儲けをしようと考えているわけです。本当にゆるせない!

同棲報告も

さて、なんだかんだ言って、おぼちゃんを見てしまう私もマスゴミと同罪です…。

そこで気になった方もいると思いますが、彼女はなぜ菓子店に勤めているのでしょうか。

その理由のひとつとして、まず小保方晴子さんはあの一見以来、早稲田大学から博士号を剥奪されています。

つまり、ただの人になってしまっているわけです。

とはいえ、まだ36歳。あの微妙ながらも男心をくすぐるビジュアルにオジさまたちは興奮していたものです。

彼女をかくまってあげたいと思っている、そんな人もいるでしょう。

さて、その証拠といっては何ですがやはり彼女は男をつくっていたことがわかりました。

『あの日』と『小保方晴子日記』という著書を出してからも大批判に晒され、すでにメディアというか社会的には死んだも同然の小保方晴子。

心も体もズタボロな彼女を救ったのは、同誌によると千葉県内に実家がある男性だったそうです。

メチャクチャ該当者が多いところが何ともいえませんが、とにかく恐ろしいリサーチ力です。

そんな彼が、都内にどうやら一軒家を建てたらしく小保方晴子がそこに転がり込んでくるカタチで同棲をしているのだとか、まぁ、よく調べましたよね。完全にストーカーじゃないですか。

おぼちゃんは公人なのか?

週刊誌によると、彼女は彼の家を出てバイト先の菓子店に向かい懸命に働いているということです。

しかし、前述したように彼女はもう博士号を剥奪されていますし、一般人。

誰と付き合おうが、何の仕事をしようがどうでもいいのです。

さらに、彼女もあの時のことを本できちんと伝えていますし、いくらでも叩かれているわけなのでもう社会的制裁は済んだはず。

いや、そもそもなぜ彼女だけがあんなに批判されなければいけなかったのか、いまだに疑問です。あれは完全に人権侵害です。ただの集団いじめです。

犯罪者でもないのに…。彼女自身にもうネタは存在せず、ただ平々凡々とした日々を送っているだけなわけです。

ただし、気になるのが同誌の対応。

STAP細胞に関してはどうやらまだ結着がついておらず、「彼女の口から収束のひと言がまだない…」とほざいているのです。

確かに、小保方晴子は虚言癖が小さな頃からあったと話題ですし、STAP細胞についても大ウソだったのかもしれません。(私はあると信じていますが)

いや、もうないことは間違いないのですが今更認めて新しく袋だたきになることも想像しているのでしょう。

彼女の研究に携わりながら自殺してしまった理研の笹井芳樹氏も報われない…というころでしょうか。

しかし、いいでしょう。もう、彼女は世間的にもどっちでもいいのです。

しかし、この終焉を彼女の口から発しない限りは公人である、と週刊誌は伝えています。

一体、彼らは何が目的なのでしょうか。やってることは韓国の徴用工問題と同じです。つまりマスコミは反日系の団体と思われます。

本当にどうでもいい情報で金儲けする

さらに、同誌が伝えているのが小保方晴子のファッション。

ヴィヴィアンウエストウッドがお気に入りらしく、それらのアイテムを身につけることもある、アメリカ発のスーパー「トレーダー・ジョーズ」のエコバッグを使うこともある…など記載されています。

また、スーパーでバイト帰りに買い物をしていることもある…と伝えています。

当たり前でしょう、そんなの…。とにかく、どうでもいい情報を読んでいるのです、小保方晴子について我々は。

一体、近頃の週刊誌は何がしたいのかわかりません。

さらに言うと、そういったネタを大々的に取り上げるヤフーニュースなどのネットニュース。これもなかなか暴走していると感じます。全ては、バグなのです。完全に世の中はイカれているのです。

そんなマスコミいじめを受けている小保方晴子さんは、これからどう生きていくのか模索している最中でしょう。

僕は、彼女が好きでもなければ嫌いでもありません。

とはいえ、この一件で彼女が同棲男性にフラれたとしたらまたマスコミに追いやられ絶望的になることが目に見えています。

小保方晴子を助けるためには、“小保方晴子を応援したい絶対融資の個人融資優良サイト”を立ち上げるしかなかったのです。

しかし、これは彼女以外の人でも利用することができます。

安心して大丈夫です。“小保方晴子を応援したい絶対融資の個人融資優良サイト”は、なくなることはありません。

皆さんも、いつか彼女が“小保方晴子を応援したい絶対融資の個人融資優良サイト”を利用する日がくるまで、お金を借りてなんとかやりすごしましょう。

ヤミ金じゃない消費者金融

優良な消費者金融の公式サイトへ行く

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑