オススメ!審査甘めの優良消費者金融の公式サイトはコチラ

日本人にとってお金は安心?「個人融資の消費者金融」でお金を手に入れる

↓全国対応!審査が通り易くておすすめ!優良な消費者金融の公式サイトはこちら↓ ヤミ金じゃない消費者金融他社で断られてしまった人でもOK!審査が甘くて優しい金融へ行く!

やっぱりお金で安心。

これしか我々にはありません。

人間関係、ストレス、さまざまなものが我々を苦しめますがもっとも心を安定させるのが、“お金”です。

「個人融資の消費者金融」は、不安を抱えている方全てに融資を行う素晴らしい業者といわれています。

ここでは、「個人融資の消費者金融」の実態。それについて考えていきたいと思います。

日本人とお金

日本は、その昔お金ではなく米を収めていました。

年貢なんて言葉を耳にしたことがあると思いますが、お金というよりは物資を幕府に収めていた…という形です。

そのため、本来我々日本人はお金にそこまで執着がなかったはずです。

しかし、通貨の価値が安定し始めた頃からお金は我々にとって重要な役割を持つようになってきました。

お金があれば何でも手に入れる事ができる。

明治維新、大正デモクラシー、太平洋戦争、それから高度経済成長、バブル、現代。

「金で解決」という言葉ありますが、まさしく我々日本人は金で全てを解決してきたのです。

日本人にとってお金は人生全てであり、結果お金があるからこそ人として生きることを認められているわけです。

お金は安心?

幸せを研究している学者さんは世界中にいます。

日本人にも幸せを研究している人たちはいるのですがあまりメジャーな学問ではなく、やはり世界的にみるとまだまだかな…といった印象です。

政治団体や、宗教団体などもあって、怪しイメージもありますからね。

幸福の科学は違いますよ?あそこは、別のベクトルで暴走している団体ですので…ここでは触れませんが。

さて、話を戻します。

とある調査によると、年収が800万円以上になると幸福度はさほど年収に左右されなくなるとされています。

大金持ちになったところで、それも幸せには繋がらないという研究結果ですね。

しかし、これは海外の人たちにおける調査であり、日本人にはまったく当てはまらないと考えられます。

お金についての価値観が違う

世界中のセレブはお金を回します。

豪邸をたてたり、寄付をしたり、あほな店、ブランドを作ってガンガンお金を回します。

貯蓄率というのは日本に比べて世界は極端に低く、「お金は使うもの」という発想が染み付いているのでしょう。

1000万円を手に入れたらすぐにそれを使う。

ビジネスをしたり、投資したり、何らかの物品を購入する。

まぁ、そういった価値観もどうかわかりませんが、とにかく経済主義や自分の幸せを金で買う…という構図が脳内で仕上がっているのでしょう。

翻って我々日本人はどうでしょうか。

1000万円を得た瞬間、多くの人たちが“貯金します”というかもしれません。

また、母や父に一部をあげます…というでしょう。

一体、この先我々はどうなるかわからない。

政府もあてにならんし、お金を使いまくるなんて下品なことである。

こういった発想のため、貯め込むことがDNAに刻まれているのです。

コロナ禍の時をみてもわかるでしょう。

有識者と呼ばれる連中がガンガン政府批判をしていましたが、金に困ってない人は寄付をすべきでした。

我々の数百倍も資産を持っている人たちはツイッターなどで騒ぎまくり、結果1円も寄付しない。

心の中では、“とりあえず自分に痛みはないからな…”と思っていたのでしょう。まぁ…無理もないでしょうが。

金を持っているだけで安心

このサイトは、どこからもお金を借りれないブラックでもお金を借りれる貸金業者をご紹介しているサイトです。

つまり、融資してもらえる業者を紹介している個人向けポータルサイトってなところです。

「個人融資の消費者金融」は、お金が足りない人というよりは“使えるお金が口座にある”ことで心が安心できる人たちに利用されている業者なのです。

何が言いたいのかというと、口座に残高がないことで行動ができなくなってしまっている、そんな人を救うための貸金業者であるということなのですね。

日本人は、お金を持っていることで安心します。

例えば、給与が50万円ある方と、20万円の方を比較します。

50万円の人は貯蓄などをしない性格ですので、ほとんど口座には給与しか残りません。

一方、20万円の人はあまり遊びに興味がない方ですので毎月貯蓄をしています。

あなたはどっちのタイプですかね?

50万円の方は月末になりお金がなくなると不安になってきます。

残高がないので突然の出費に耐えられない…。

消費者金融使っちゃおうかな?です。

一方、半分以下の収入の20万円の方は貯金が10万円しかなくても安心して新しい挑戦をしようと意気揚々と人生を生きます。

50万円の人は来月から減俸を言い渡されたらクビをくくるかもしれませんね、それでは生活できないと。

一方、20万円の人は15万円に減額されても貯金があるからひとまず踏ん張れる、と次を探す気力を持つかもしれません。

口座に給与ではない、“蓄え”があるだけで日本人はマインドが大きく変化するのです。

なぜこれを言ったのかと言うと、日本人のほとんどは月収20万円~30万円で生活しています。

月収50万円以上の方なんか、そうはいませんよ。居たとしても派手な生活をしている方が多いでしょう。

個人融資の消費者金融は安心を与える

今、新型コロナウイルスのせいでいろいろと収入面が不安定な方が多くなってきていると思います。

だからこそ言いますが、個人融資の消費者金融。

ここでとにかくお金を作ってみてください。

口座に10万円でも残っていれば、不思議と転職活動にも力が入るものです。

そして、毎日を元気に健やかに生きることができるようになるでしょう。

もう、我々日本人は金がないと一歩も歩むことができないろくでなしです。

外国人マインドになる夢を捨て、「個人融資の消費者金融」からお金を借りて元気いっぱい暴れていきましょう。

ヤミ金じゃない消費者金融

優良な消費者金融の公式サイトへ行く

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑