オススメ!審査甘めの優良消費者金融の公式サイトはコチラ

奨学金で借金まみれに…!独自審査の消費者金融に相談だ!

↓全国対応!審査が通り易くておすすめ!優良な消費者金融の公式サイトはこちら↓ ヤミ金じゃない消費者金融他社で断られてしまった人でもOK!審査が甘くて優しい金融へ行く!

日本には奨学金という制度があります。

奨学金は返さなくていいもの、返さなければいけないものの二通りあるといわれていますが、基本的には分割で返済しなくてはなりません。

学費を借りて、金利付きの返済はマジで地獄です。

私立大学などの場合、4年間で約500万円ほどかかるといわれています。

つまり、500万円を後払いということで借りるわけです。

年利は1%程度?と、いわれていますがこれは非常に危険です。普通に考えると無利息で奨学金は出すべきです。

事実、奨学金の返済×消費者金融への返済を続ける若者は少なくありません。

老舗の独自審査の消費者金融はやばい!なんていわれていますが、奨学金の方がよっぽど危険です。

数ヶ月後からの返済

奨学金に苦しめられていた友人が管理人にはいます。

彼は、奨学金で専門学校に行き、そのまま地元の情報誌を発行している会社に入社したのですがクビになり、物流会社へ。

しかし、モラハラ、パワハラなどに苦しめられてしまい結果鬱病に…。今、精神科のリハビリ中ですが借金はとりあえずはないようです。

さて、消費者金融とは違うのですが奨学金もある意味で同じです。

例えば、500万円を入学時に融資してくれ、その返済は卒業界後ということですので大学生の頃は遊びまくることができます。

バイトもしますし、最悪お金に困ったら親の金で生活できますし、困ったことは何らありません。

むしろ、責任もない分、バイト代をそこそこ稼げたら一部の会社員よりずっといい生活をできている…と考えてもいいでしょう。

しかし、そんな生活も卒業した途端優雅な生活はストップ。数ヶ月後に地獄の返済が待っているのです。

毎月2万だと…?

奨学金は、金額が大きければ大きいほどに月々の支払いを多くしないと危険でしょう。

500万円を2万円で返済したら、1年間で24万円。

そう考えると20年近く借金が残るような状態になります。

新入社員の手取り金額など、対した金額ではありません。

メチャクチャでかい企業に勤めているのであれば別ですが、一般的な中小企業に勤めているのであれば15万円いくかいかないか。

ちなみに、僕の知り合いが派遣会社の社員として働いていましたが、当時はまさかの正社員で手取り12万円といっていました。

罰ゲームか何かでしょうか…?まぁ、いいでしょう。

とにかく、そんだけしか稼ぎがないのにもかかわらず、月に2万円を支払うことになるというのは地獄です。

もしかしたら実家ではなく一人暮らしかもしれませんし、携帯代、交際費などいろいろとかかってくることでしょう。となると、貯蓄などはできません。

とはいえ…誰かと付き合うことにはなります。

「旅行行こう!」となった時、間違いなくお金なんてないわけですから使うんですね。消費者金融を…。

一度借りたら普段の生活にもう戻れない

仮に、プロミスあたりで30万円を借りたとします。

となると、プロミスに返済するお金は15000円くらいですね。奨学金と併せて毎月35000円の支出となるでしょう。

借りた30万円なんて旅行や遊びで吹っ飛びます。たまにしか贅沢できなかったのに、いきなり30万円が手元にくればどんな人であっても暴走しますからね。

となれば、また返済地獄が始まるわけで、徐々に切羽詰まった人生になっていきます。

まだ若い時は貧乏飯でしのげたり、給料があがっていけばどうにかやっていけるかもしれません。

しかし、こんな時代です。コロナで大変でしょう。私も仕事がありません。給料があがるどころかボーナスカットに退職金無し、さらにリストラもいつされるかわからない状況にたたされてしまうことだってあるのです。

そうなれば、地獄以外の何ものでもありません。

日々、不安に襲われるだけでなく、これから自分の人生はどうなってしまうのか…と、不安でたまらなくなるでしょう。

そこで、出てくるのが闇金なのです。

本当の地獄へといざなう…

消費者金融で一度お金を借りてしまい、さらに返済が苦しくなる人は確実に別の消費者金融に手を出します。

そして、その手を出した消費者金融でも借りれなくなると…とうとうブラック。

中小消費者金融でも審査に通らなくなり、返済だけで月々5万円を上回り、ただそれを返済するという危険な生活へと突入します。

しかし、一度甘い汁をすすっているわけですから独自審査の消費者金融などを利用したくなります。

そこにきて、「独自審査=闇金」に手を出してしまうわけです。

返済金が増えることよりも、目の前の10万円。

それさえあれば、普通の生活ができるんだ…と思い、相手がどんなにヤバいところだっても冷静さを欠き借りてしまうんですね。

奨学金は残ります!

当然最悪のパターンを免れなければ、闇金の取り立てにに恐怖を感じることでしょう。

どうにかして返済するも、もう生活が立ち行かなくなります。

公共料金の滞納、家賃滞納、年金滞納、とにかくいろいろとしでかしてしまうことでしょう。

本当に悔しいかもしれませんが、最後の作戦しかありません。

債務整理や自己破産です。

弁護士さんが介入すれば闇金も追っ払うことはできますから、これで借金は一応無くなりますね。

しかし、奨学金です。

奨学金の免責がおりない場合…奨学金だけは残ります。

自己破産など債務整理をしたとしても、借金が消えるわけではありません。

奨学金は月々返済しなくてはならないのです。金利がなくなるだけで、元金は絶対に返済しなければなりません。

自己破産までしてもアナタの人生にまだまだ、奨学金が重くのしかかってくるのです…。

この国が作った負のループ地獄ってすごいですよね。

老舗の独自審査の消費者金融に相談!

消費者金融の金利、闇金からの借り入れなどは、最悪の場合債務整理などの弁護士介入で問題解決できます。

闇金は相当大変ですが、一応良識のある弁護士に頼むことで解決することができるでしょう。

しかし、奨学金などはそうもいきません。

国の制度というのは厳しく、それらを滞納して甘い顔はしてくれないんですよね。

例えば、税金や年金、健康保険なども一緒です。

税金関係は滞納したら銀行口座差し押さえされるレベルですからね…。

さすがの闇金もそこまではできません。まさに、人間そのものの人生が抵当に入っているかのような徴収力です。

これこそ、日本国という詐欺国家がやってのけている制度です。消えた年金問題もあったように、私たちの税金は公務員たちの私腹の肥やしになっているわけです。

税収なども何に使われているのか全く不透明ですし、どうしようもないのです。

だからこそ当サイトが応援している、老舗の独自審査の消費者金融。

もう信用できるのはここだけでしょう。

老舗の独自審査の消費者金融ならいろいろと相談に乗ってくれるので安心ですよ!

ヤミ金じゃない消費者金融

優良な消費者金融の公式サイトへ行く

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした
PAGE TOP ↑