オススメ!審査甘めの優良消費者金融の公式サイトはコチラ

貧乏管理人が語る結婚と貧乏

↓全国対応!審査が通り易くておすすめ!優良な消費者金融の公式サイトはこちら↓ ヤミ金じゃない消費者金融他社で断られてしまった人でもOK!審査が甘くて優しい金融へ行く!

この記事がいつでるかわかりません。

いや、もう一生皆さまのお目に触れることはないかもしれませんね。

しかし、いつかしっかりと書かなければいけないと思っていることですのでこの場を借りてお伝えさせてください。

ちなみに、この話は結婚しているのにブラックで我慢しているアナタに向けての記事です。大丈夫です。

私は、辛い毎日を過ごしているアナタの味方ですよ。

さぁ、あなたの味方である私の意見をどうぞお伝えさせてください!

貧乏と結婚

まず、あなたは職業にヒエラルキーがあるとお思いでしょうか。

※ヒエラルキー:階級制・身分制など。

もちろん、超高収入な仕事と近所の道路工事の門番をしている黒光りしたおっさんであれば前者がトップオブトップでしょう。

しかし、仕事というのは必要だから存在することであり、全員が経営者になったら労働者がいなくなるので日本は沈没します。

結果、どの職業も尊いものであり、給与の料金は別としてヒエラルキーを出すものではないのです。

しかし、どうでしょうか。

結婚をするためには、モテる職業、結婚できる収入がないと終わっている…ということを言う女性も多く、このような世の中になるのです。

そのため、本来人間性も完璧でさわやかで床掃除をしていたプロフェッショルナルであっても、給与が低ければ結婚できない世の中。

そのような掃除大好きなプロでも生活の為に、給与が良いいやらしい性格が集う都会のオフィスワーカーにならざるを得ないのです。

ただそれでも貧乏人になります。

「うるせえ!貧乏になろうが結婚してやらあ!」いいですね、その気質。

ただ、本当に問題が発生しますよ。

マジで貧乏になる

近頃、管理人が思うことがあります。

それが、なぜか結婚をしないと非国民である…というような風潮です。

管理人は結婚をしていますが、今思えばさっさと離婚して独りで逃げ続けていればよかったと思います。

まぁ、それは過激ですね。生活にある程度不安はないのですが、とにかく貧乏人です。

貧乏人になってしまいました。

貧乏人は結婚してはいけない…ということをよくまとめサイトで見ます。

しかし、そこに記載されているのは年収〇〇万円だと生きていけないとか、相手にしてもらえないとか、結婚できない…とかそういったことばかりが記載されています。

はっきり言います。結婚は年収と関係ありません。

前述したように、どんな人でも結婚をしたら貧乏人になるのです。

とんでもない貯蓄魔

結婚してから貯蓄もせず、夫婦ともに散財しまくっている人たちも多少いるようです。

とはいえ、そういった人たちも貧乏になります。

それは後述しますね。

まずは貯蓄魔の方です。

日本人は昔から子どものためにお金を貯める…という風潮があり、子どもができた後に親が遊びほうけることは御法度されていました。

よく耳にしませんか?「結婚前はブランド品を身につけていたな!いい車に乗っていたな!趣味に使っていたな!」

しかし、結婚をしてからはそれらを全て封印。

1枚1000円以上のTシャツは贅沢品となり、靴もバグったダンロップかサンダル。

床屋も1000円カットへと成り下がり、気がつくと自分が子どもの頃に思っていた「こんなオヤジにだけは、なりたかねえわ」という姿になっているのです。

しかし、収入は減っていません。

むしろ、年齢的に増えているかもしれませんね。

しかし、その9割は貯蓄です。

女性は将来の不安のために生きているため、勝手に散財を許しません。

「老後が不安なら、今死ね」。さすがに言えないでしょ?結果、我々男性は働けば働くほどに貧乏になるのです。

子無しも貧乏へ

そうなると子どもを作らない夫婦であればいいのでは?と、思う方もいるでしょう。

これもダメなんです。夫婦が共働き、旦那が高収入で妻は主婦としても、それ相応の生活をしてしまうのです。

いいですか?これを読んでいるブラックさんは、どこに住んでいるでしょうか。

管理人はバカの巣窟といわれている東京23区に住んでいますが、タワマンとか馬鹿げたところに住んでいるヤツがかなり多いんです。

管理人は一軒家風のミニアパートで隣人トラブルなども一切ありません。素朴なもんです。

しかし、高収入子持ちの連中はパワーカップルと呼ばれており、家賃20万円以上、月額20万円以上のローンを住宅だけに使っているのです。

海外旅行、ブランド品、高級車…。

こうしていないと人から認められないと思っているため、月収100万円以上もらっても貯蓄ができず貧乏なのです。

今回のコロナ禍のような状況になった場合、どちらかが仕事をヤメた瞬間に超絶貧乏認定。

結婚をしているカップル1割が純愛、9割は世間体しか考えずにやってしまった負け組なのです。

ブラック見ていればわかる

さて、ブラックを見ていきましょう。

ブラックの多くは主婦などだと聞きます。

結婚をしていても借金をしている人たちはかなり多いですね。

とくに、管理人は母親がアコムで借りていたのでよくわかります。

結婚をすると世間体が気になってしまうことから、結果的に自分たちが稼げる金以上に生活水準をあげてしまうのです。

そこに貯蓄です。貯蓄7割という夫婦もいるそうですが、死んだも同然。

高校生の方が使えるお金が多いとか、もはや何も人として学ぶことができない状況ですよね。

だから日本の年寄りは文化程度が低くバカなのです。

結婚をした20代で勉強が全ておわっているのですから…。

お金を自由に借りてもいいですが、結婚はしない方がいいですよ。

今結婚しており金銭的に不安があるなら、わかれましょう。あなたのためです。

ヤミ金じゃない消費者金融

優良な消費者金融の公式サイトへ行く

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑