オススメ!審査甘めの優良消費者金融の公式サイトはコチラ

SNSなど個人間融資の被害者に女性が多い理由!太古のDNAがもたらす不幸がここにある!

↓全国対応!審査が通り易くておすすめ!優良な消費者金融の公式サイトはこちら↓ ヤミ金じゃない消費者金融他社で断られてしまった人でもOK!審査が甘くて優しい金融へ行く!

SNSがスマホで無料で活用できる時代。

個人のお金のやり取りも、個人間融資としてSNSなどネット上で話題となっているようです。

女性を狙った個人間融資も多くあり、恋愛を絡めた方法で騙されてしまう女性も多くいます。

女性を狙った個人間融資…SNS上で個人的なやり取りをしてお金の貸し借りをする…

と言えば聞こえはよろしいのですが、やっていることはヤミ金同様。

危険な取引と言わざるを得ません。しかし、そういった危険な取引であっても続けて利用してしまう人もいるのが実態です。

恐らく、貧乏ブラックの男性ばかりが利用していると思われていますが案外そうではなく、女性が多いと言われています。

なぜ、女性は女性を狙った個人間融資に引っかかり、さらに継続して使ってしまうのでしょうか。

SNS信者が多い今の日本社会

何かしらの依存症というと男性が多いイメージです。

アルコール、ギャンブル、セックス…。とにかく、何らかに依存するとなると男性が多く取り上げられます。(逮捕されたり、事件を起こすのが男性ばかりだから?)

とはいえ、こういった個人間融資を利用する方というのは女性もかなり多いと言われています。

その理由は、恐らくスマホ依存の女性が多いせいでしょう。

とある調査によると、男子より女性の方がスマホやゲーム依存に陥る確率が2倍ほど指摘しており、人間関係においてスマホでのやり取りが多いからだということが言われています。

確かに、カフェはもちろん、どこでもスマホを使い続けている女性をよく見かけます。

ありえませんよね。折角友人と食事に来ているのに、4人全員スマホばかりやっているグループを見かけました。

完全にコミュニケーション能力が不足している…と思えます。これは時代で片付けてはいけません。社会問題として取り上げるべきだと私は思います。

女性は何でも情報が欲しい

女性という生き物は常に情報に敏感です。

男性は好きなものの最新情報には飛びつきますが、興味の無いものはスルーしがちです。

そのため、習い事なども特に積極的にしない人も多いですしファッションに疎い人もいます。

一方、女性は興味があるものが多く、複数の習い事から恋愛情報、エンタメ情報、ファッション、メイクなど…とにかくいろいろな情報を常にキャッチする生活をしています。

さらに、インスタグラムやツイッターなど、インフルエンサーたちの情報などを常にチェックしていますし、スマホに自分の人生全てがつぎ込まれているような生活です。

そうなれば、自然と女性を狙った個人間融資が目につく頻度も高くなりますし、そもそも論として日々の贅沢生活によりお金も足りなくなるでしょう。

最近ではインスタ疲れなど言葉が生まれていますから、疲弊していくのも時間の問題でしょう。

皆と一緒が安心するという女性のDNA

そして、なにより女性は「皆と一緒」が大好きです。

例えばファッションの流行というものがありますが、なぜ人に言われた格好をするのか理解に苦しむ男性は多いでしょう。

女性は、太古の昔から男の狩りの帰りを待ち、農業などいろいろなことを村人たちと手助けしながら生きてきました。

その中で、仲間はずれというのは致命的であり、そこから、“皆と一緒が安心安全”という回路が生まれたと考えられています。

つまり、“流行っているよ”“皆も使っているよ”というキーワードがあると、“え?自分知らないけど…それ使わないと時代遅れなの!?”という感じで、いろいろとチェックしてしまい、深いところまで探らずに使ってしまうのです。

全ての女性がそうではありませんが、今現在の大半の若い日本人女性が、“韓国人みたい・同じ顔見たい”と言われる所以はこういった行動の埋め込まれたDNAにあるのです。

そこで恋愛が絡むとアホになります

しかし、普通の女性はそこまでSNSバカばかりではありません。

先ほど言った人たちは一部の過剰な反応をする人たちです。

女性を狙った個人間融資の悪魔的な取引内容に気がつけば、あっという間に身を引いてしまいます。

脅しにも屈しない子もいますし、弁護士に相談されたら最後、闇金まがいの個人間融資の貸主はあの世行きですので深追いはしないでしょう。

しかし、女性を狙ったSNSの個人間融資を利用するような子たちの多くは流行っているから…という部分だけでなく、お金に困っているとか寂しいとかそういった子たちです。

生活費が足りない=一人暮らし=貧乏でも都会にいたい!

という人。

遊びたい・おしゃれしたい=そうしないと認められない=友だちは金で繋がっている=散財癖があり貧乏…

という、流行に乗らないと生きて行けない、見栄っ張りで悲しい子たちばかりなのです。

こうなると事態は変わってきます。女性を狙った個人間融資の貸主が、その子の心に入り込み出し、恋愛感情を抱かせてしまうのです。

恋する女は周りが見えなくなる

女性は恋をすると周りが見えなくなりなります。

まぁ、男性も周りが見えなくなり大バカになることもあるのですが、セックスした後に賢者タイムに入るため性欲を無くすと好きでもないし、よく見るとブスだからいらない…という感じになって醒めることができます。まさい興醒めです。

しかし、女性の場合は相手が相当なことをしない限り醒めることはなく、むしろ性的関係を持つと愛情ホルモンが多く分泌されてしまい相手に尽くすようになってしまうのです。

どんなに相手が悪党でも、です。

結果、相手が明らかに違法性の高い取引を持ちかけて来たとしても、“相談に乗ってくれる唯一の男性”だったり“愛するべき人。私の全てを知っている”というフィルターがかかってしまい、その悪質な取引内容が見えなくなってしまうのです。

女性を狙った個人間融資を利用する側に女性が多い、というのはこういった側面もあるわけです。

これはDVの構図に少し似ているかもしれません。女性に暴力を振るった後、急に優しくなるのです。このギャップでアホな女性はDV男に一撃でメロメロになってしまう訳です。これは遺伝だと言われています。つまり親がDVしている人は、またはそのような家庭は、子供も受け継いでいくのです。

SNS依存やスマホ依存から解放されよう!

個人間融資でお金を借りる…というと、人情が大切だと思われがちです。

しかし、こういった借金の場合は優良金貸しなど企業とドライな関係を結んだ方がマシでしょう。

金を知らないヤツに借して儲けよう、なんてヤツにまともなヤツはいません。

もし、SNSなどで女性を狙った個人間融資で金を借りている人がいたら間違いなく騙されていると考えてください。

今、私たちは女性を狙った個人間融資と戦っています。

そこの女性!あなたです!

絶対に、女性を狙った個人間融資からは借りてはいけませんよ!

そしてSNS依存、スマホ依存から解放されましょう!

ヤミ金じゃない消費者金融

優良な消費者金融の公式サイトへ行く

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑