オススメ!審査甘めの優良消費者金融の公式サイトはコチラ

どこも借り入れできないニートがお金を借りる方法

↓全国対応!審査が通り易くておすすめ!優良な消費者金融の公式サイトはこちら↓ ヤミ金じゃない消費者金融他社で断られてしまった人でもOK!審査が甘くて優しい金融へ行く!

ニートでも借りれる

ニートという生き物は、仕事が無いだけではなく、お金も無いどうしようもない人物たちです。

そもそもニートとは、イギリス生まれの単語の頭文字です。

  • Not in Education, Employment or Training
  • ノットインエデュケーション、インプロィメントオアトレーニング
  • 直訳:教育、雇用、訓練ではない
  • 基本的な意味:教育を受けている状態や就職をしている状態になく、また訓練を受けてない

はい、何もしていない人です。これが、人類が社会問題化している現実「ニート」です。

とはいえ、ニートと一言で言っても、さまざまなニートがいるので一概にすべてがダメ人間ということはできません。

私の知り合いニートでは、親が超有名社長であり、かといって贅沢な生活をしているわけでもない、見た目はマジで普通の無職、趣味はパチンコと麻雀。カスみたいな生活ですが、お金はめちゃくちゃ持っています。ただの良い人です。

まあそんなニートは一握り。。。うつなどの精神的な病で働けなくなっている人も少なくないですし、そういった人たちに無理矢理働け…ということはできませんね。

とはいえ、大多数のニートはお金を稼ぐことができませんし、お金を稼げなければ、結果的に人間としての信用力は劣ります。信用がなければ、当然お金を借りることができません。

当サイトでは、ブラックやニートなど、お金を借りたいけどどこも借り入れできないと悩む方でも借りれる、ヤミ金じゃない中堅消費者金融を紹介しています。

しかし、ヤミ金じゃない中堅消費者金融を利用するためには、やはり働かなければなりません。しかし、そのハードルは低いのです。

改めて考える、ニートとは?

まず、お金を借りる借りないはともかく、ニートについて改めて学んでいきましょう。

もう一度言いますが、ニートはイギリス英語の言葉で、Not in Education, Employment or Training。この頭文字をまとめたものです。

ここで、興味深いポイントとしては、ニートは働いていないだけではなく、就学などをふくめて、本当に何もしていない人物を差す言葉である、というところなのです。

勉強をしているわけでもなく、とりあえず何かの公式コミュニティに属するわけでもなく…。THE風来坊的な扱いの英語から、ニートという言葉が発生しています。

主婦はニートではない?!

たまに、主婦はニートであるという意見があります。旦那の稼ぎに寄生して、悠々自適な生活を送っているクズ女というイメージですが、実は主婦は厳密にいうとニートではありません。

家事手伝いとか、少しでも肩書きがある場合は何かに属してると見なされます。そして借り入れに関する情報としては、主婦の場合はパートナー(夫)の収入証明がそのまま借り入れの審査などに適用されます。つまり夫がきちんと真面目に働いているのであれば、ニートという判断にはならないのです。

実際に、それがよくわかるのが闇金の手口です。闇金は、主婦でもお金を貸すことがよくあります。

昔は、消費者金融は主婦にもお金を貸していたのですが、今では銀行や消費者金融が、お金を主婦に貸すという選択肢は消滅しました。

それは、銀行や消費者金融の審査が厳しくなったことにより、主婦をニートと見なす!ということになったんです。

ただし、闇金に関しては旦那の稼ぎがあり、さらには旦那の給与を全て自分が管理しているという主婦にはお金を貸します。

法律上、きちんと配偶者になっているため、何か問題があっても連帯責任という感じになるのでお金を貸せるわけです。ある意味では保証人的な役割なのですね。

もし、その主婦がお金に困った時は夫に収入があるわけですから、結果的にはニートのようなレベルの低い人間ではない、ということに繋がっていくわけです。

ニートは生活保護以下?!

さて、そんな素晴らしき「何もなし」人生のニートなのですが、意外と偉ぶっている小金持ちニートも多くいます。

消費者金融などでお金を借りることなく、返済も全くなく、自由に365連休で生きていけるのですから、ニートになっているわけです。

事実、日本において生きていくためには、税金やら何やらいろいろと支払うことが義務づけられています。

年金に関しては、いらないと思っていてもなぜか義務になっているという、日本国憲法のクソ&クズ的な儲け話に国民の中でも特別バカな老人が賛同してしまっているので、働く世代は必ず支払う必要性があります。

ただし、なかなかレアな生活保護という制度を利用すると、こういった納税義務が全て免除される仕組みになっています。

「この人たちは可哀想だから、お金を支払わせることなんて…できない!」という、嬉し過ぎる制度です。しかし、生活保護の一部の人たちはそれに比べてまだマシだろうと思っていると思いますが、生活レベルを考えると、実は生活保護の方がマシであり、ニートは生産能力が無いクズ以下の存在です。※両方クズです。

守られるべき存在の生活保護者、それらを守るために働く労働者。ニートは生産性が無く、よくわからない立ち位置ですので、人として存在している意味がない、ということに繋がってしまうのでしょうか。

社会保険が無ければ働く意味がない

働け、ということをニートに言う人がいます。確かに、働けば社会貢献ができますし、お金を借りることもできます。

しかし、働く=頑張って、正社員になるとか、フルタイムで働くとか、そういったことを考えている人がいます。

今までニートだった人がいきなり正社員とか、フルタイムとか、ハードルが高過ぎるもほどがあります。

消費者金融でお金を借りている人は、実はフルタイムの人は少なく、週2回程度のレベルで働いている人も多くいるのです。

ですから働くならば、社会保険のある仕事でなければ意味がないとニートは考えています。

定期的に収入が入れば信用は高い

安定した収入…。こういうと、いかにも数百万円の年収がある仕事を思い浮かべるでしょう。

しかし、安定とは決まってお金が入っていることであり、金額の多さとは違っています。

不安定な仕事で年収1000万円の人より、毎月必ず10万円の収入がある人の方が、消費者金融にとっては優良顧客なのです。

消費者金融や銀行は金利を搾取して飯を食っている人たちですので、馬鹿真面目なタイプを好みます。そういったカラクリに気がつくと上手に楽にお金を借りることができます。

とにかく働けば、どこからも借り入れできない人でもお金を借りれます!

ニートがなぜクズなのか、わかっていただけたはずです。要するに、週に1でも働けば労働者と見なされるため、消費者金融ではお金を貸してくれます。

ブラックだと銀行系では審査落ちですが、当サイトでは、どこも借り入れできないひとでも借入可能な、ヤミ金じゃない中堅消費者金融を紹介しています。

もう、どこも借り入れできない人がお金を借りる方法の答えは、ごくごくシンプルです。週1、2で働くだけです。ぜひ、理解していただきたいですね。

ヤミ金じゃない消費者金融

優良な消費者金融の公式サイトへ行く

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑