オススメ!審査甘めの優良消費者金融の公式サイトはコチラ

どこからもお金を借りれない人でも借りれるオッケーファイナンス!

↓全国対応!審査が通り易くておすすめ!優良な消費者金融の公式サイトはこちら↓ ヤミ金じゃない消費者金融他社で断られてしまった人でもOK!審査が甘くて優しい金融へ行く!

生活保護の申請は難しくはありません。普通に、役所に行って必要書類と条件を聞き出し、それに見合った人間になれば誰でも簡単になることができます。

有名だったのが、お笑い芸人の○本さんの母親です。息子があれだけテレビに出て、かなりのお金を稼いでいるのにもかかわらず、生活保護申請が通り、さらにはその後も受給を続けることができていたのです。

河本は知らないとか、申し訳ないとか言っておきながら、結局は貰えるもんはもろとけばええんや!など下らないことを言っていましたが、問題は条件さえ適当に揃えれば簡単に生活保護になれる、ということなのです。

芸能人だから叩かれていましたが、叩くべきは国の制度そのものだと思うのです。早く廃止にして、現金ではなく物資の支給にすべきです。そうでなければまた暴力団や中国マフィアやずる賢い人たちのエサ・しのぎになるだけです。

お金が無い…だからズルをする。悪循環の闇

世の中には、ブラックと呼ばれている人たちが多くいます。

それは、大手消費者金融やクレジットカードなど、お金を借り過ぎてしまったとか、返済を遅らせているとか、バックれて逃げようとしているとか、そういった類いの人たちに降り掛かる不幸です。

当サイトに訪れている方もブラックであったり、どこもお金を借りれない状態の人たちがいるかもしれませんが、要するに自分で蒔いた種により、黒く腐ったような人食花が咲いてしまった…というような状態です。

多くの方は、ブラックになった時に自分の境遇を恐れ、真面目に生きようと決心します。もちろん、ブラックになるとお金を手軽に借りることはできなくなります。

そのため借金は減らしていくしかなくなり、どんどん生活自体は元通りに戻っていく、というわけです。

しかし、どうしてもブラックになった途端に生活できなくなる人もいます。返済が月々5万円だったとして、給与が15万円。

家賃などを合わせたら、とても生活をしていけるレベルの人生にはならない、という人たちです。

仕事を変えるにも、返済のことを考えると今の仕事を辞めるリスクは取れず、結果的に犯罪に手を染めるか、生活保護になるか…を選択せざるを得ないのです。

ブラックが自己破産をする…。生活保護に慣れてくる=働かなくていい

ブラックがどこもお金を借りれない状態になってしまうと、大きな問題が出てきます。まず、債務整理。自己破産など借金がチャラになる可能性です。生活保護になる前に、多くの方は自己破産をします。

自己破産になると、もう数十年はお金を借りれなくなるなど、社会的に一時死んだも同然になります。すると、もう色々とどうでも良くなります。周囲からの目もどっちでも良くなり、仕事だってしてもどうせ苦しいだけ…と開き直るわけです。

すると、結果的に選ばざるを得ないのは生活保護です。仕事をちゃんと続けていて、借金ができて、自己破産も自己マネジメントできた人です。ホームレスという選択肢は思いつかないでしょう。それだけ、用意周到な人であれば生活保護を必ず選びます。

生活保護は、家賃含め、さまざまな生きるために必要な出費を全て国が負担してくれます。手取りで、結果的に15万円以上の生活ができるわけですから、働いていたことがアホらしくなるわけです。

さらに、毎日誰かに攻められることもありませんし、毎月の請求書とも顔を合わせずに済みます。そんな人生が選べるのであれば恐らく誰もがこれらを選択することでしょう。そして、ブラックは永遠と生活保護者でいいと思い、のんびりと毎日を過ごすわけです。

再生の為にお金を借りれる優良消費者金融!

しかし批判やマイナスの事ばかり言うのではなく、プラスの事も言いましょう。

前述したように、いくら働かなくなり怠けてしまっても、元々はしっかりと社会とのコミュニケーションを計れていた人ですので、1年間生活保護を続けていくと、不思議と人に認められたくなります。

もうどっちでもいい、というのはシンプルに支払いから逃げたかっただけであり、別に本当に社会との繋がりを無くしたかったわけではありません。

要するに、社会に復帰したくなるのです。しかし、仮に復帰をしたとしても、お金を自分で稼ぎ安定するまでには時間がかかります。

仕事は決まれば、生活保護は卒業。もう、お金は1円も支給されることはありません。だからこそ、社会に出た時に必要としたいのが、大手消費者金融などである程度の融資をしてもらうという選択肢です。

しかしながら、前述したようにブラックだったこと、そして自己破産をしたり、生活保護だったことなど、後ろめたいスペックがてんこもりになります。大手消費者金融や中小金融、さらには小規模消費者金融ともども、どこもお金を貸してくれることはないでしょう。そのくらい、ブラックや生活保護あがりには冷たい世の中なのです。

では、ブラックから生活保護に転落した人たちというのは、もう二度とお金を借りることはできないのでしょうか?

そんな時、どこからもお金を借りれない人でもオッケーな消費者金融という、ユニークなジャンルの消費者金融を利用してみたらいかがでしょうか。

どこからもお金を借りれない人でもオッケーな金融は、消費者金融でありながらも、審査がほぼありません。

申し込みだけで、ブラックだろうが自己破産者だろうが、働いていればお金を貸してくれます。

生活保護の状態ではたぶん借り入れは無理なのですが、しっかりとお金を稼ぐことができる、という証拠があればブラックでも、お金を貸してくれます。

つまり、信頼関係だけに特化した優良消費者金融である、ということなのです。どこからもお金を借りれない人でもオッケーな金融なんて、名前があまり耳慣れないでしょうが、今大注目されているのです。

生活保護は一応、絶対悪ではありません。人それぞれ、事情があるでしょう。

しかしながら、そこから抜け出してちゃんとしたコミュニケーションをとりたいと思うのであれば、どこからもお金を借りれない人でも借りれる消費者金融を利用してみることをおすすめします。

当サイトのどこからもお金を借りれない人でも借りれるオッケーファイナンス!まさに優良消費者金融を、ぜひご確認ください。

ヤミ金じゃない消費者金融

優良な消費者金融の公式サイトへ行く

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑