オススメ!審査甘めの優良消費者金融の公式サイトはコチラ

優良な、闇金じゃない、借りやすい消費者金融!

↓全国対応!審査が通り易くておすすめ!優良な消費者金融の公式サイトはこちら↓ ヤミ金じゃない消費者金融他社で断られてしまった人でもOK!審査が甘くて優しい金融へ行く!

近頃ネットなどでも「優良」といわれている、「闇金じゃない消費者金融」でお金を借りたほうが賢いという意見も多くあります。

しかし本当にお金に困ってどうしようもなくなった人は、そんな優良な借りやすい消費者金融でお金を借りるのではなく、まさかの本当の闇金にまでお金を借りてしまうような方もいるのです。

お金に対して執着があり過ぎるのかもしれません。

「ブラックでも借りれる!金利0.1%の消費者金融」など、この世の中には存在していません。

それなのにも関わらず、思いっきりそんな闇金チラシを信じ込んでお金を借りてしまうという人は、なぜそこまでお金に執着があるのでしょうか。

まず、考えられるのが今日一日を無駄に過ごしたくないという、そういった強い意志の現れではないでしょうか。

例えば、人生があと10万日あると過程した場合、10万日もあるのだから今日はサボってみよう…という人と、あと10万日しか無いのであれば、1日をしっかりと満足いくように過ごさなければいけない…という、そういった両者に発想が分かれます。

仕事を真剣に一生懸命取り組むということであれば、確かに後者の人の方が成果を上げられる可能性がありますが、お金に関してはそうでもありません。

例えば、今日1日を絶対に自分の日にしてみようと思っている方の場合、一日を節約という目的でダラダラ家で過ごすことが許せなくなってしまうのです。

「今日は休みだったのに、1度も外に出ていない。このままでは、自分は廃人になってしまうのではないか」

こういった、ある意味での強迫観念に教われてしまうのです。

それではいけないと思い、自宅で何もせずにダラダラしてお金を節約しても、結果的には具合が悪くなってきて、「自分だけは人生を楽しめない、非常に寂しいオジさん」と卑下してしまうのです。

その気持ちは理解できるのですが、話が別になっていきます。

人生的には、誰もアナタが外に出てラーメンを食べたり、スーパーにいったり、カフェにいったりしてもしなくても何も変わりません。

ただ、自分が何となく外に出なかったことで後悔しているだけなのです。

そして最終的に訪れる不幸が、消費者金融にお金を返すことができずに、ブラックとなっていってしまうということです。

例えば飲み会が好きな方は、寂しさを紛らわすために一人でも外で飲んでしまいます。

別に楽しくとも何ともないのですが、どうしてかそういったことをしないと心が落ち着かないのです。

そして、「今日も闇金でお金を借りて、飲みに行った…」と自己肯定に入ってしまうのです。

いいでしょうか。そんなことをしていたら、確実に地獄に落ちてしまいます。

落ち着いて、ブラックの方でも安心して借りれる「闇金じゃない消費者金融」を利用して、前を向くしかないのです。

ヤミ金じゃない消費者金融

優良な消費者金融の公式サイトへ行く

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑