オススメ!審査甘めの優良消費者金融の公式サイトはコチラ

キャッシングやカードローンの審査に不利になってしまうタイプって?

↓全国対応!審査が通り易くておすすめ!優良な消費者金融の公式サイトはこちら↓ ヤミ金じゃない消費者金融他社で断られてしまった人でもOK!審査が甘くて優しい金融へ行く!

6s9933

キャッシングに申し込む時、年収や勤務先、年齢、現在の借り入れ状況などを入力するのですが、その情報全てが審査の際にチェックされています。
当たり前ですが、貸す側からすると借りる側の信用は一番見られているところなので、嘘を書いてしまうと審査に通らなくなってしまうのでやめておきましょう。
年収が少ない場合でも、最近ではアルバイトやパートでも借りやすくなりましたので、正しい情報を記入するのが一番です。
さて、そんなキャッシング審査ですがどのようなタイプが審査として不利になってしまうのでしょうか?

勤務先や年齢など、基本情報で不利になってしまうタイプ

キャッシング審査で不利になってしまうタイプとはどういった方なのでしょうか。基本情報から見てみましょう。
勤続年数が1年未満
入社したばかりの場合は、審査の際不利になってしまいます。
安定した収入があるかどうかを見られているので、1年以上同じ会社で働いている人の方が審査に通りやすいようです。
中小企業に勤めている場合
中小企業よりも大手企業に働いているほうが審査に通りやすいようです。
これに関しては、高額融資の際に・・という感じだと思いますので、借り入れ金額が少ない場合はあまり重視されないのではないかと思います。
年収が200万円以下の場合
消費者金融から借り入れをする場合、借り入れできる総額は年収の3分の1までという決まりがあります。
しかし、普段の生活もありますので、年収が200万円以下の場合は審査で断られてしまう場合も。

現在の借り入れ状況で不利になってしまうタイプ

保有するクレジットカードや他社からの借り入れ状況によっても審査に不利になってしまうこともあるので知っておきましょう。
クレジットカードを持っていない場合
消費者金融側からすると、今まで借り入れをしたことがあって、しっかり返済している実績があると逆に審査に有利になるようです。
他社からの借り入れ件数が3件以上の場合
他社からの借り入れ件数が3件以上の場合は審査で断られてしまうことも。
現在の借り入れ総額が年収の3分の1に達する場合
他社からの借り入れ総額が年収の3分の1に達する場合、または新規の借り入れで年収の3分の1になる場合は審査に通らなくなります。
これは法律で決まっていることなので、返済を優先しましょう。

ヤミ金じゃない消費者金融

優良な消費者金融の公式サイトへ行く

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑